洗濯表示タグが小ロット、短納期で作れます

ラベルくん.com - 洗濯表示ラベル(品質表示ラベル)がが小ロット、短納期で作れます

信頼の
実績45

年間生産枚数
100万枚

Home > BLOG >  縫製副資材のお話~芯地編⑬

縫製副資材のお話~芯地編⑬ 繊維のネタ帳

みなさんこんにちは!

今回も芯地編の続きをお話していきます。

 

前回までは紳士服に使用される「毛芯」についてお話しました。

今回は「ベルト芯」についてすすめていくことにします。

 

ベルト芯はスラックスやスカートのウエスト部分に使用されています。
ウエスト部分を触ると少し硬めになっているのがわかります。

芯地の素材も、不織布や織物芯、編物芯、細巾織物などがあります。

 

また、それらの芯地に接着樹脂を塗布して表素材に直接接着する

タイプとフラシの状態で使用するタイプにも区別されます。

 

ベルト芯もタテ糸に細番手の糸、ヨコ糸に太番手の糸を使うとか、

広い巾のものをカットするなど多様です。

 

形態の安定性や風合い、耐ドライクリーニング性なども用途によって

さまざま開発されています。

もちろん、ストレッチ素材の表地が使用される場合には、その伸縮に

あわせたストレッチ芯地も開発されています。

 

表素材と副資材のベストマッチングで形づくられていくんですね~♪

副資材の面白さは引き立て役というところだと思います~!

 

それではまた次回に続きます~♪