洗濯表示タグが小ロット、短納期で作れます

ラベルくん.com - 洗濯表示ラベル(品質表示ラベル)がが小ロット、短納期で作れます

信頼の
実績45

年間生産枚数
100万枚

Home > BLOG >  縫製副資材のお話~洗濯表示編1

縫製副資材のお話~洗濯表示編1 新しい洗濯ラベルの基礎知識

こんにちは!

 

今回からは衣類等についている洗濯表示(取扱い表示、洗濯タグ、品質表示
とも呼ばれる)についてお話を進めていきます~

平成28年12月に繊維製品品質表示規定の改正がありました。
そこで、記号の種類や付記記号、数字や考え方も変わりましたのでもう一度
おさらいをしていきたいと思います。

1回目のお話~『洗濯表示改正の概要』について(消費者庁webより)

新しい洗濯表示では、ドラム式洗濯乾燥機等による「タンブル乾燥」、
色柄物の衣料品等の漂白に適している「酸素系漂白剤」などの記号が
追加されたり適用温度が細かくなるなど、洗濯記号の種類が22種類から
41種類に増えました。

これによりきめ細かい情報が提供され洗濯トラブルの減少が期待できます。
また、国内外で洗濯表示が統一されることにより、海外で購入した衣類等の
繊維製品の取扱いなどを円滑に行えると考えれています。

消費者の利便性向上や、いまでは生産や流通は海外との取引が一般的に
なっていますので環境の変化に対応して改正したということでしょう~

 

次回からは絵表示の解説やポイントをご紹介していきます~♪